Warning: Declaration of description_walker::start_el(&$output, $item, $depth, $args) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/maria777/sougok.net/public_html/seikatu/wp-content/themes/dp-mature/inc/scr/custom_menu.php on line 0
少年院で馴れ合いが禁止な理由 | 少年院生活体験談

少年院生活体験談

少年院で馴れ合いが禁止な理由

馴れ合いとは、損得を共にする者たちが通じ合い、グルになることを言います。馴れ合い対象者に対し馴れるので違和感がなくなります。そうすると『親しき仲にも礼儀あり』が薄れやすくなり相手にくっついて依存しやすくなるのです。

依存をすると、自分の問題を相手の問題とくっつけたりして、区別できにくくなるので、トラブルが起こりやすくなるのです。

馴れ合いは、通常取るべき手続きを踏まないで、暗黙の合意の元に意思決定を行うので、一つ歯車が狂ってしまうと自分だけではなく、通じ合っているため相手にも影響が出やすくなるのでマイナスになりやすいのです。つまり、馴れ合っていると断ることは断りにくいし、自分の問題ではない問題も出てきてしまいやすいのです。

ですので少年院では、このようにくっつかないで馴れ合いを禁止にする必要があるのです。
依存する心があるから馴れ合うのです。

少年院に入ってしまった一つの原因は、依存してしまう心、そして自己肯定感が低い事が原因ですので自己肯定感を高めていくことが大事なことです。

天上天下唯我独尊という意味は、自分の中に眠っている個性に気づくことが大事という意味なのです。そこに自分の使命のようなものがあるのです。


URL :
TRACKBACK URL :

コメント投稿

Comment on Facebook

Return Top