Warning: Declaration of description_walker::start_el(&$output, $item, $depth, $args) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/maria777/sougok.net/public_html/seikatu/wp-content/themes/dp-mature/inc/scr/custom_menu.php on line 0
心が変わっていく | 少年院生活体験談

少年院生活体験談

心が変わっていく

あれだけ人間不信だった俺がなんでこんな気持ちが揺れるんだと思うと何か怖くなってきました。
あの頃は自分が傷つくことが怖かったんですよね。

先生が俺のことを真剣に心配してくれているんだから、俺も人として真剣に答えなければいけないんだって気がして
とにかく自分の限界以上に生活をがんばった

ダメ人間で寮では人の足をひっぱるやつと言われていたけど俺はとにかく認めてもらいたく
体育、係活動、作業などすべて率先して本気で頑張った。

先生の言葉は
「人は誰かに必要とされた時、最高の心の宝を持つことができる」
「何事も率先してやらされるんではなく自分からやれ」
「何事も手を抜かず死に物狂いでやれ」
「人は自分が幸せになる権利よりもまず人を幸せにする義務がる」
「泣き笑いをしながら投げやりにならず懸命に生きた街、そういう心の故郷がこれからの君にできる事を祈ってます」

この言葉を信じて諦めず毎日頑張って生活しました。
寮の中で全体を引っ張る存在になり、自信に充ち溢れ先生からも信頼されるようになりました。

少年院では数多くのものを学ばせていただき、長い時間がたった今でもよく思い出し本当に感謝しています。

俺は自分がやったのではなく先生のおかげで頑張らさせてもらっていたんですね。
そして先生方は率先して動くってことを実践してくれていました。

こんな生活をしているうちに長く感じていた時間も短く感じあっという間に出院でした。

出院後は俺が悪いことは辞めると否定され一度は俺は自分に負けてしまいましたが
今は完璧です。
二度と悪い方向に行くことはありません。


Return Top