Warning: Declaration of description_walker::start_el(&$output, $item, $depth, $args) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/maria777/sougok.net/public_html/seikatu/wp-content/themes/dp-mature/inc/scr/custom_menu.php on line 0
最後に… | 少年院生活体験談

少年院生活体験談

最後に…

最後に…

子どもたちは決して始めから悪くなりたいと思っている子供はいません。

どうとでも染まってしまう真っ白な心を持っています。
身勝手な大人達がその心を汚く染めている点も多くあるんです。

親は親としての責任を全うしていますか?
子供が自立し、人として強く生きれる心に育ててあげることが親の責任です。
無責任さが今の心が育たない子がピラミッド式に増えている原因の一つでもあります。
その親もまた自分の親にいい加減に育てられたりしていたりするんです。

ですので何かを恨んだり、誰かのせいにすることは全てにおいてマイナスです。

率先して自分から変わろうと決めれば悪循環から抜け出していけます。

親は親の責任を命がけで最後まで全うし、子供は親のせいにしてはいけません。
親がどうでも結局は自分次第なんです。

親は子供の先頭に立ってまっすぐ進んで、子供にとって大きな道標になることが絶対に必要です。
道標がなければ子供は迷ってしまい不安を覚えます。

子供は最初に親を信じれることができれば、人生で初めての『信じる心』を学ぶことができるんです。
その学んだ信じる心を持っているからこそ堂々と自立し強く生きていけるんです。
人間はみんな生かされていて弱いものです。

信じる心を知らないまま、自立しろだのしかっりしろだの言うことが間違いなんです。
これでは自立の言う名の見放しにすぎません。

親の責任とは自分よりも子供の命を優先し必ず子供を良い方向に引っ張ることです。
これができなければ親の資格はありません。

子育てはすぐには結果はでません。
5年、10年、20年と時間がかかるんです。

親は諦めないで最後まで信じ抜き、行動に移していく親の姿は子供の成長に大きな影響があります。
そういう姿を見せていきましょう!

悪いことをする子供、犯罪を犯す子供、嫌いですか?
面倒ですか?

そう思うなら子育てなんてできません。

悪いことをする時は寂しかったり、信じれるものが欲しいってことなんです。
寂しいから悪いことをして欲で寂しい心を埋めようとしているんです。

悪い事や犯罪は本当に悪い事じゃなくて子供が変われる大切なチャンスなんです。

どんな悪党だって変われるチャンスは必ずあるんです。

親が子供の問題を解決するのではなく、子供が自分の力で問題を乗り越えていける心にしてあげるまで親は子育ては続くんです。

20歳で自立しろなど関係ありません。

30歳だって親は親、子供は子供です。

諦めて逃げることはやめて少しずつ良い子育てをしましょう!

「苦しみとは唯一の本物の成長材料である」

苦しみなしでは本当の強さをもった人間にはなれません。

苦しみの先に光があります。

そんな大事なことを教えてくれる歌

強くなるにはどれだけ苦しみを耐え、そして楽しめるかです。

今の日本は精神崩壊しています。

まともの人たちは嫌な思いをしなければなりません。

何故まともが馬鹿を見る必要がありますか?

自分たちのまわりのまともな人の心を守って生きましょう!

汚い人間を許さない心を持つことだって大切なんです。

まずは子育てから世直しを始めませんか?

悪いことをしたときはしっかり何故悪いのか意味を子供の頭で理解できるまで教え、叱り
良いことをしたときは真剣に褒めてあげる。
このメリハリをしっかりつけて子育てをしていきましょう。

今の大人は子供にびびりすぎています。
人は自分より上だと感じないと尊敬ができない生き物です。
子供の上に立たなければ子育てなんて無理です。

人間は厳しさ、苦しさから本物の心を学ぶんです。

昔、テレビで海外のどこかの村の話を見たのですが、そこの村は飲み水を山を1時間かけて降りて汲みに行かなければいけない村でした。
そこの小さな女の子が毎日往復2時間かけて18リットルの入れ物に水を入れて山を2時間歩いて往復して水を汲んでいたのですが
その女の子は「家族の為に水を運ぶのが楽しい」と心から笑顔で笑っていました。
この女の子は「楽しい」という基準が日本人とはまったく違います。
それが人間の本質です。
ですので大変な思いで水を汲むことを楽しいと思う心があれば、今の日本みたく精神病だ欝だなどなるわけがありません。
腐れた日本は自分たち一人一人の心で変えていかなくてはいけません。

青幇紅幇という組織があるのですが、簡単に言うと本物のマフィアですね。
そこらの犯罪を犯さなければ食えない低レベルなものとは違います。
一人一人が表でしっかり稼げる集まりで俺は知りませんが、
入るのにも数年間も審査みたいなものがあるらしいです。

青幇紅幇は表社会でビジネスなどできちんと組織として成り立っています。
日本にも会社の社長として、そのリーダーがいます。

皆さんは裏社会といえばヤクザ、チャイニーズマフィアと悪いものをイメージするかと思いますが
青幇紅幇は違います。
彼らは世界レベルで動く組織なので一般には知られていません。
ヤクザとでは話にならない差があります。
青幇紅幇は墨子思想で動くのです。
墨子思想とは天下の利益は平等から。天下の損失は差別から。という立派な思想ですね。
言い換えるとアジアを守ってくれている組織になります。

紅幇の中の一部の組織が幼女売春を行っていときに、同じ紅幇の組織が壊滅させ幼女売春の組織のメンバーを皆殺しにしました。
そして幼女を全員救い出し、自分らの集落学校に入れたんです。
この組織は非常に「義」を重んじる組織なんです。

青幇紅幇はものすごい組織ですので、個人に対しては動きません。世界レベルで動きますから一般の方は知らないのです。
一般の方の身近なものはヤクザですね。

ヤクザに世界を変えれますか?無理ですね。
世の悪と戦うには青幇紅幇ぐらいの組織力がなければできません。

幼女売春の組織のメンバーを皆殺しにした紅幇を見習うべきではないでしょうか?
そこまではできなくとも、一般市民だからこそできることもあると思うのです。

諦めないで自分たちも世の中から汚い人間をなくす努力をできることからしてみませんか?

子供たちの未来のために、良い日本をつくりましょう!

人は外見や地位、お金ではありません。
こんなものはクソ食らえです。

人の価値は信念、生き様、そして深く他人を思いやる心です。

人に合わせることしかできない情けない人より、引きこもりや、不良のほうがよっぽど見極めができており、自分を持っている世の中です。自分を持っているが論理的思考ができないよう育てられたので、苦しむことが多いのです。

不良が汚いのではないし、やくざが腐ってるわけでもなく、少年院経験者が腐っているわけでもありません。腐っているものは自分のものではないものなのです。

犯罪を犯すものが悪いというのは簡単ですが、それでは何も見えていません。

自分のものではない価値観を捨てることが大事なのです。

本当に汚いものは誰の目にもとまらないところにあります‥

だからこそ本当の自分の考えではないものを捨てることが大事なのです。


Return Top