Warning: Declaration of description_walker::start_el(&$output, $item, $depth, $args) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/maria777/sougok.net/public_html/seikatu/wp-content/themes/dp-mature/inc/scr/custom_menu.php on line 0
少年院の種類 | 少年院生活体験談

少年院生活体験談

少年院の種類

■初等少年院
心身ともに問題のない12歳以上、16歳未満の者を収容。

■中等少年院
心身ともに問題のない16歳以上、20歳未満の者を収容。
窃盗、強姦、傷害、傷害致死、暴走族などの犯罪で入院生が多い。

■特別少年院
心身ともに問題のない犯罪傾向の進んだ、16歳以上、23歳未満の者を収容。
ただし、16歳未満の少年院収容受刑者も収容できます。
少年ヤクザなどが多い。

■医療少年院
心身に問題のある、12歳以上26歳未満の者を収容。
医療少年院以外は男と女で別々の少年院になり一緒になることはありません。
女の少年院は女子少年院とも呼ばれます。
手紙などを送る時などの名前は少年院とわかりにくいような名前がついています。
例:○○山荘、○○の丘。
期間は、短期と長期があり、短期は一般短期と特修短期に区分されます。
一般短期
(収容期間は原則として6か月以内)
特修短期
(収容期間は4か月以内)
長期
(収容期間は原則として2年以内だが一般的な長期処遇は平均11か月程度)
初等少年院と中等少年院は、短期か長期です。
特別少年院と医療少年院は長期として実施されます。

■成績について
少年院は成績によって進級してしかなければ出院ができません。
成績はすべての少年院同じかわかりませんが、一例を出しますと、A~Eまであり、更に5段階に分類されます。
A-A
A-B
A-C
A-D
A-E
B-A
B-B
B-C
B-D
B-E
C-A
C-B
C-C
C-D
C-E
D-A
D-B
D-C
D-D
D-E
E-A
E-B
E-C
E-D
E-E
進級できる可能性はC-Cからですが、俺がいた少年院はC-Cでは基本無理でした。
最低C-Bからでした。
C-Bは中での生活をかなり頑張らないととれません。
E-Aなどは少年院で犯罪(傷害等)、再逮捕レベルだったと思います。
A-Aは教官と同じくらい、お前が入ればみんなを任せておけるくらい思われる成績でまず不可能ですが、一人だけA-Eをとった人間がいましたが、初めてと言っていました。
B-Bをとるのもとても難しいです。
寮全体を引っ張って流れを良い方向にしなくては無理です。
例えば○○さんのおかげで他の寮生もやる気を出してそれが寮全体に広がっている等。
そして、進級式は月一回か二回(少年院によって異なるが基本は月一回)あります。
最低進級条件は一般中等長期の場合の一例ですが以下になります。
入院
2級下約2.5か月
2級上約2.5か月
1級下約2.5か月
1級上約2.5か月
出院(仮退院)
上記を見てわかるようにすべての進級式で、問題なく進級できれば約10か月で仮退院になれます。
当然進級式にもし進級できなければ、次の進級式が一ヶ月後なら、伸びるのが確実ということです。
進級式に進級できなかった方はショックを受けています。
※これらの情報は少年院によって異なります。一般中等長期少年院での一例になります。


Return Top