Warning: Declaration of description_walker::start_el(&$output, $item, $depth, $args) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/maria777/sougok.net/public_html/seikatu/wp-content/themes/dp-mature/inc/scr/custom_menu.php on line 0
少年院に入る前 | 少年院生活体験談

少年院生活体験談

少年院に入る前

俺は小学生の頃は家庭の事情で引っ越しばかりで寂しい思いをしていました。

学校で鉛筆で刺されたり、転校初日に嫌な事をされて家で相談しても知らんぷり、小さかった俺は寂しくて愛情なんてないと思っていました。

寂しさからか、万引き、窃盗、空き巣、簡単な車上荒らしを少ししていました。

そして中1の頃から悪いことを多くするようになりました。

宗教を押しつけられて、お経をやると褒められそれ以外は認めてもらえないという感じで他にも時間を1秒でも過ぎると人殺しでもしたのかと思うくらい怒られたり、なんか軍隊か?と思うような異常な厳しさの家庭環境で育ち、あの頃は少しの愛情と自由が欲しかったがそんな環境ではなかった為、自分の未来なんかどうでもよかった。

ただ投げやりに生き、20歳までに死ねばいいとずっと思って適当に生きていました。

今は悪いこととは無縁の世界です。

俺は180度変わりました。

あの頃は、厳しい環境だったことにも感謝できずただ、恨み、諦め、逃げているだけの自分だったんです。

薬物中毒にもなり、暴走族、傷害、窃盗、恐喝、なんでもしました。

中3の時に保護観察処分になったが保護司のところにも行かず保護司が逆に来ていました。

暴走族の集会とシンナー漬けの毎日で生活費は恐喝して手にしていました。
完全現実逃避していました。

ただ当時の彼女だけが俺の唯一の居場所と思っていたのか俺は依存心がありました。
ただ寂しくて安心できる居場所が欲しかったんだと思います。

恐喝していた時に文句言ってきた相手殴って、後で傷害で捕まりました。


Return Top