Warning: Declaration of description_walker::start_el(&$output, $item, $depth, $args) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/maria777/sougok.net/public_html/seikatu/wp-content/themes/dp-mature/inc/scr/custom_menu.php on line 0
移送後の少年院 | 少年院生活体験談

少年院生活体験談

移送後の少年院

移送後の少年院は中等長期。早くて10ヵ月、平均11ヵ月でした。

集団寮に移りました。

ここはまず1寮、2寮があります。はじめはどちらかの寮から始まり、2級下、2級上、1級下の間はここで過ごします。

1級上になると光明寮に行きその後出院です。

まずここはいじめはありませんでした。

中にいる人間は、傷害、傷害致死、窃盗、死体遺棄、強姦、後は意味不明な人間でした。

はじめはいろいろな面で辛いことがたくさんありました。

作業は、1寮は溶接で2寮は土木建築です。光明寮は農耕作業になり少年院の食事の一部になります。

規則も厳しく、電話番号交換はばれると調査といって、個室に閉じ込められて約1ヵ月伸びてしまいます。

他には会話には許可が必要で外の話を社会話と言い一切禁止です。

ばれると成績がわるくなり結果進級ができなくて出院が遅れます。

俺は何度か調査になり中でははじめは投げやりでした。

一日はまずここの少年院は6時55分に音楽がながれます。

この時と就寝後の考えることができる唯一の時間が少ない楽しみです。

考えてる余裕はほぼない生活をすることになります。

考えることがこれほど楽しいのかって思うくらいです。

7時起床で素早く少年院ジャージに着替えホールに整列

日直が点呼をとり、○○名問題ありませんと先生に報告。おはよーございます!と全員で大声で挨拶。

そのあとは部屋の布団をあげ部屋とホールと廊下の掃除開始。

部屋は1部屋基本4人です。

各部屋1人が食事当番で全員にまわるよう毎日変わります。

常に先生が監視しているので外の話をばれないようにすることはなかなかできません。

目の合図すら厳しく問い詰められます。

そうしないといじめが始まるからです。

食事の準備がされている間は当番以外部屋で私語禁止で本を読んで待っていなければいけません。

食事後はブレザーに着替え作業服を持って寮から出ます。

寮を出る前も点呼、寮を出た廊下でも点呼、点呼、点呼と点呼で忙しいです。

廊下で点呼後、体育館に朝の朝礼のため行きます。

行進は腕を肩ぐらいまであげて足も大きくあげ音楽に合わせて歩きます。

そして体育館についたらその場足踏みしている状態で、当番が、「全体~とまれ!!」で止まり点呼とって先生に報告。

各寮全部体育館に集合し院長からの挨拶後に作業開始です。

昼まで作業し、一度寮に戻り、昼飯の時間です。

少年院では御飯が非常に楽しみになります。

意外とおいしいんですよ!

昼食後20分くらいホールで休憩。

この時間は余暇時間と言い、ホールにあるテレビみれます。

笑っていいともしかみれない…

あとは本を読むとかです。

次の準備をします。

通常は強化体育なので体操着に着替えます。

体育の内容は走って、腕立て腹筋、背筋3セット、スクワットなどいろいろなものを約1時間行います。

1時間のうち止まってられる時間は1分だけです。

あとは動きっぱなしです。

初めの人は3人に一人は吐いています。

1週間もあれば慣れますので心配いりません。

土曜日だけ体育はバレーボールかドッジボールができます。

後は水曜は体育なしで、他の日は毎日強化体育です。

このほかにクラブ活動、剣道、美術、など希望にそうように選択できます。

入浴は週2回で夏は週3回。

時間は15分。7分半で体を洗い、7分半で湯船につかります。

とにかく毎日冬でも全員汗を流すので臭くてたまんないですよ!

俺はこんな臭い所で1年も過ごすなんて無理だよって思いました。

他には講演や、慰問。

たまーにマジックショーやラーメン屋やすし屋が更生してほしいとの願いで少年院生にラーメンなどを食べさせてくれる日が1回だけあり

この時のラーメンはこの世にこんなうまいものがあったんだって思うくらい本当うまかったですね。


Return Top